悩みを解決できなくとも相談することは大切

人はだれでも多かれ少なかれ悩みを持っています。

 

その悩みの大きさは、悩みそのもので決まるわけではなく、その人の性格によって、同じ悩みでも、大きくなったり、小さく成ったりします。

 

悩みは自分の中にため込んで、外に吐き出さないでいると、精神的なストレスとなって、身体症状にまで発展してしまうこともあり、現代社会で増えているうつ病の原因ともなります。

 

悩みを相談しても、どうら解決出来るわけではないからと、誰にも話さないことは、体に良くないことです。

 

悩み自体を解決できなくとも、人に悩みを相談するというだけで、悩みのストレスが発散されます。