家計の悩み

長くつつく不景気や少子高齢化、格差の広がりで、家計の悩みは増えるばかりとなっていますね。
デフレ脱却、円高、消費税などで、今後の家計の負担は増すことが確実です。

 

賃金が上がる政策がとられていますが、果たしてどうなるかは分かりません。
一部の富裕層以外は、厳しくなる一方とも考えられます。

 

金利が上がれば、ローンが厳しくなります。
しかし金利が低いままでは貯蓄が増えていきません。

 

そんな中どうやって家計を借り繰していったらいいのか、いろいろ家計の悩みに役立つことを取り上げていきたいと思います。

 

ここで一つアドバイスしておくのであれば、返済が厳しくなっているような借入があるのであれば、一度借換えを検討してみるといいと思います。

 

たとえば、返済期間を長くしたりすることのできる借換えカードローンもありますので、月々の返済を下げるほうほうもあるのです。

家計の悩み記事一覧

総量規制の影響でお金を借りにくくなったといわれます。しかし、一般的に家計であれば、基本的な影響はないのではないかと思います。当初、住宅ローンや自動車ローンなどまで総量規制の範囲になると勘違いしていた方もいて、混乱がありましたが、総量規制の年収の3分の1というのは、このような銀行で組んでいるローンなどは対象外です。消費者金融などで、年収の3分の1以上に借りている人は、すでに相当家計が苦しい状況にっな...

おそらくこのところ家計の悩みを化かかえている人はおおいのではないかと思います。ガソリンを代表格として、食料品から何まで、ありとあらゆる物が上昇していますね。そりにくわえて、給与はここ数年殆ど上がらない、今年について言えば賞与などは下がる傾向にあります。預貯金の金利も低いので資産は減るばかりという人もおおいでしょう。住宅ローンなどの返済にも頭を抱えている人はいると思います。

リボ払いは、とてもクレジット会社が儲かる仕組みです。そして、消費者の方が、いくら使ったのかの感覚がマヒする仕組みももっています。一定の支払いまでは、いくら使っても、月の支払いが同じという仕組みは、実に、消費感覚を麻痺させます。いくらリボ払いで使っても、段階的に、月の支払いがあがるだけなので、その段階までは、月に使える金額が変わらないままなのです。つまり、借入がどんどん膨らんでいくのに対して、元本の...

ショッピング枠現金化というのは、クレジットカードのキャッシング枠がなくなってしまったり、消費者金融でキャッシングできなくなってしまったりして、現金が用意できなくなった人が、利用することが多いようです。どんな仕組みかというと、クレジットカードのキャッシングの限度額迄達してしまっていても、買い物ができるショッピング枠は別なので、商品の購入には利用できるという点を利用します。つまり、商品を購入してそれを...