債務の問題は借換えなどで対応しよう

総量規制の影響でお金を借りにくくなったといわれます。

 

しかし、一般的に家計であれば、基本的な影響はないのではないかと思います。

 

当初、住宅ローンや自動車ローンなどまで総量規制の範囲になると勘違いしていた方もいて、混乱がありましたが、

 

総量規制の年収の3分の1というのは、このような銀行で組んでいるローンなどは対象外です。

 

消費者金融などで、年収の3分の1以上に借りている人は、すでに相当家計が苦しい状況にっなているはずですから、一般的な過程で、ちょっと出費が重なったから、今月給料日前に、数万円だけ借りたいというていどの、キャッシングのようなものだったら、ほとんど関係ありません。

 

ですから、一般的な過程ではそれほど影響はなかったと思います。

 

既に多重債務にっなている人などが、返済のための借り入れができなくなるということで、借りれられなくなる事はとても大変なことになったという事だと思われます。

 

ですから、この総量規制が3分の1から2分の1に緩和されたとしても、もともと借り過ぎの人は、一時的には、追加で借りられるかもしれませんが、結局は一時的なものでしょうし、

 

もともと総量規制の影響が無い人には、緩和されても別に影響はないわけです。

 

問題は、借りられなくなった人が闇金に手を出してしまうという事が起きるのではないかという心配です。

 

実際にそういう状況が増えているともいわれています。

 

総量規制のかからない銀行のカードローンの貸し出しが多くゆるくなっていて、今度は、そちらで多重債務が発生するのではないかという懸念で問題になっていて、

 

銀行カードローンの審査が自主規制でより厳しくなって、ますます借りることができにくくなっています。

 

できるだけ借換えで月の支払いを減らすところから考えましょう。

 

でも審査に通らないという場合は、もう限界ということですので、債務整理をするべきです。

 

伸ばせば伸ばすほど取り返しがつかなくなるので専門家に相談すべきです。