ショッピング枠現金化は、危険すぎる方法

ショッピング枠現金化というのは、クレジットカードのキャッシング枠がなくなってしまったり、消費者金融でキャッシングできなくなってしまったりして、現金が用意できなくなった人が、利用することが多いようです。

 

どんな仕組みかというと、クレジットカードのキャッシングの限度額迄達してしまっていても、買い物ができるショッピング枠は別なので、商品の購入には利用できるという点を利用します。

 

つまり、商品を購入してそれを業者に渡す代わりに、現金をもらうという仕組みです。

 

ただし、詐欺業者もたくさんいて、購入して商品を送っても、振込んでもらえないとか、とんでもなく商品の価値より低い金額しかもらえないとかいうことかがあります。

 

また、新手の手法としては、業者から商品を購入したことにして、クレジットカードで支払い、支払った九十数パーセントぐらいを現金として振り込みするとという方法もあります。

 

この場合、価値の無いものを、送ってくることもあるようで、一応形状その商品を購入して、商品が届くという形式をとっている、なかなか手の込んだ仕組みを利用しているところもあります。

 

この場合、業者の関連先に、クレジット会社と提携している販売店を持っているという事になりますね。

 

どちらにしても、商品の購入を偽るということでクレジット会社をだましているわけですから、業者だけでなく、利用した人も罪に問われる可能性が大ですし、

 

その業者がお金を振り込んでこなかったとしても、自分の加害者なので、カードの引き落としを止めるなどの間措置ができない可能性もあるので、すごく危険な方法であることは知っておくべきでしょう。